みなさまにお届けするみかんを育てる生産者をご紹介いたします。

みかんのことならのま果樹園

会社案内

のま果樹園の人々「生産者紹介」

皆様に愛媛のみかんをお届けする仕事に携わっているスタッフをご紹介いたします。

のま果樹園 生産者代表

のま果樹園のショッピングページはこちら

木原 英男

生産者代表

この自然豊かな瀬戸内・愛媛の地でみかんとともに55年。みかんは正直者ですから、手間暇、そして何より愛情を注いでやればやるほど、その期待に応えてくれます。

青葉若葉と香り豊かな純白の花。酷暑と干ばつに耐え育て、実りの秋。黄金色の美しい姿に甘い香り、美味しいみかんの収穫時期です。今年もわしの自信の品を皆様にお届けできそうです。

長年みかん作りに携わっているにもかかわらず、毎年すばらしい感動を与えてくれます。今でも「もっとああすればうまいみかんができるかも?」と期待と夢でいっぱいです。この道一筋、まだまだがんばります。

のま果樹園 生産者グループ(温州みかん)

愛媛みかんのご購入ページはこちら

松木 星児さん

生産者グループ 温州みかん

みかん作りで一番大切なのは、日頃の管理です。毎日毎日、みかんの実や樹・土の状態、天気や気温を注意深く観察し、その日その日のみかんの顔を見て、どういった作業をしてやるのが良いか聞いてやります。そうして元気でおいしいみかんができあがるのです。
わたしは、みかん作りを始めて16年になりますがその間一度も除草剤を使用していません。できるだけ農薬や化学肥料は使いたくないので、手入れは、有機質肥料を使い、減農薬栽培しています。

みかん・いよかん・デコタンゴール・清見タンゴール等を作っていますが、本当においしくて安全なみかんをみなさんにお届けしたいので、自分で食べて「おいしい!」と思えるみかんだけを出荷しています。こうして作ったみかんをご家庭で、また、贈り物に使っていただき、みなさんに「おいしい!」と言っていただけるのが私の一番の喜びです。私たちが心を込めて作ったみかんをどうぞ召し上がり下さい。

大沢 哲雄さん・節子さん

生産者グループ 温州みかん)

瀬戸内海を一望できるみかん園でみかん作りを初めて三五年になります。ずっと兼業農家でしたが、今では仕事を退職し専業で、みんなに喜ばれる美味しいみかん作りを目指して取り組んでいます。

今年は、瀬戸内地方は雨が少なく、みかんにとっては近年にない最高の環境条件に恵まれました。おかげで、実のひきしまった甘く美味しいみかんに仕上がっています。
私たちが手塩をかけて作った「愛媛みかん」をどうぞご賞味下さい。

のま果樹園 生産者グループ(エコえひめ認証/特別栽培温州みかん 権兵衛みかん)

権兵衛みかんのご購入ページはこちら

新口 浦志さん(愛媛県八幡浜市川内地区)

生産者グループ 権兵衛みかん

皆さんに安心して愛媛みかんを食べていただきたい。そう考えて、農薬をできるだけ抑え、質のいい有機肥料を必要な分だけ与えるという栽培方法を行っています。

土づくりにこだわり、樹が本来持つ力を活かして育てたみかんは味も力強く、「食べると元気になるよ」とお誉めの言葉をいただいています。今年もおいしくできました。うちの自慢の権兵衛みかんをぜひ食べてください!!

のま果樹園 生産者グループ(ハウスみかん)

ハウスみかんのご購入ページはこちら

阿部 文四郎さん

生産者グループ ハウスみかん

私は、愛媛県の大西町というところで、みかん作りをはじめて50年になります。

その間、どうすればおいしいみかんができるかと研究を重ねてきました。そうして、おいしいみかんを作る環境条件というものがだんだんわかってきました。それは、気温や水の管理と選定・摘果などの日々の管理です。しかし、みかん作りは自然が相手ですので、その年の天候に左右されて、毎年同じようにおいしいみかんを作るというのは難しい事です。

ハウスみかんの生産をはじめたのは、今から10年程前ですが、ハウス栽培では、それまで培ってきた経験から、みかんにとって一番良い環境を安定して造ってやることができます。ですから、ハウスみかんは、時期をずらして夏にみかんを作ることができるというだけでなく、本当においしいみかんを作ることができるのです。そのおいしさは、ハウスみかんのほとんどが、冬のみかんの一番おいしいと思うもの以上の味だと思っております。甘く、じょうのう(みかんの内皮)はやわらかく、口の中でとろけるようです。

こうして作った、私たちの自信のハウスみかん。ご贈答として送られても、きっと喜んでいただけることと思います。

山岡さん(愛媛県愛南町)

生産者グループ ハウスみかん

みかんづくりの経験のすべてを注いで、みかんにとって最高の環境を作っています。施設栽培ですから、ちゃんと温度管理ができているか、台風で施設やみかんの樹が被害を受けないか、いつもみかんのことが心配で気が休まることがありません。こうして育てたハウスみかんは、今年も上出来!皆さんに喜んでいただけるからこそ、がんばれるんですよ。

巻田 武さんご夫妻(愛媛県砥部町)

生産者グループ ハウスみかん

「天候に左右されないハウス栽培は、露地栽培より簡単だろう」という人がおります。
でも、ホントのところは逆。露地栽培なら太陽や雨風がやってくれることが、ハウス栽培ではぜんぶ人の仕事になるけん大変です。
温度や湿度の管理、水分調節、摘果など、特に冬から夏の収穫期までは休みなく作業が続き、考えるのはみかんのことばかり(笑)。
手間ひまかかるし、重労働やし、正直しんどい。
でも、その分、収穫の喜びは格別なんですよ。

ハウスみかんの甘さとコクは、水や肥料をギリギリまで与えずに育てることで生まれます。この見極めが難しい!負担をかけすぎると、樹が枯れてしまうこともあるんです。
そこでものをいうのが経験と観察眼。
私は20年間、試行錯誤しながらハウスみかんを育て、樹を見たら何を欲しがっとるかわかるようになりました。
ハウスみかん生産者が「みかんづくりの達人」といわれるのも、経験をもとに的確な判断ができるけんやと思います。

のま果樹園 生産者グループ(グリーンハウスみかん)

グリーンハウスみかんのご購入ページはこちら

大久保さん・清水さん(愛媛県宇和島市)

生産者グループ グリーンハウスみかん

グリーンハウスみかんを初めて目にしたときは、青みの強い酸っぱそうなみかんだと思いました。しかし、一口食べてビックリ!外観からは想像できない完熟の甘さに感動しました。この美味しさを皆様にお届けしたい!と思い生産を始めました。みかん作りの経験を注いで作ったグリーンハウスみかんをぜひお召し上がりください。

ハウスみかんの栽培で一番大変だったことは、露地栽培では、太陽や雨など自然がやってくれる、温度・湿度の管理、水分調節などを、すべて自分たちで管理しなければならないことです。皮の青さを残したまま、この時期に果実を完熟させるのが、長年の経験で培った私たちの技術なのです。

のま果樹園 生産者グループ(清見タンゴール)

清見タンゴールのご購入ページはこちら

木原 弘二さんご一家

生産者グループ 清見タンゴール

みかん作りで一番大切なのは、日頃の管理です。日々、みかんの実や樹・土の状態、天気や気温を注意深く観察し、みかんの顔を見てどういった作業をしてやるのが良いか聞いてやります。そんな毎日があって、元気でおいしいみかんができあがるのです!
子育てと同じだとつくづく思います。
いろいろな柑橘を育てていますが、本当に美味しくて安全なみかんをお届けしていると自信をもっています!

のま果樹園 生産者グループ(はれひめ)

はれひめのご購入ページはこちら

阿部 悟士さんご夫妻(愛媛県今治市大西)

生産者グループ はれひめ

はれひめはとっても素直な樹なんです。愛情を注いだ分だけ期待に応えて、甘い実をたくさんつけてくれるんです。まだまだ知られていない希少な柑橘ですが、私たち夫婦が、自信をもっておすすめします。

のま果樹園 生産者グループ(はるみ)

はるみのご購入ページはこちら

光宗 武さんご夫妻(愛媛県松山市東大栗町)

生産者グループ はるみ

おいしいはるみを育てるためには、何よりも土が基本。だから、私達は質のいい有機肥料を使った土作りに力を入れています。丹精込めて育てた自慢のはるみを是非食べてください!!

のま果樹園 生産者グループ(デコタンゴール)

デコタンゴールのご購入ページはこちら

白川 健次さん

生産者グループ デコタンゴール

デコタンゴールの栽培は、まじめに、正直に細心の注意を払い手間ひまかけて育てないと他の柑橘栽培に比べてとてもデリケートです。

デコタンゴールは葉の気孔が大きいため水をたくさん必要としますので、梅雨が明けると毎日のようにかん水(水やり)をしてやります。また、養分を吸収しやすいように、雨降りの前に肥料をやりますので、いつも天気とにらめっこです。根を丈夫にするため、肥料は有機質のものを使い、微生物の働きを活発にします。日当たりを良くするため、せん定に気を付けますし、品格を良くするために十二月に色の付いたものから一個一個袋掛けをします。

そうして、基本を守ってまじめに手をかけてやると、正直に結果が出て立派な実ができます。その、基本を守って手をかけるのがなかなか大変なのです。また、近年は早い時期からデコタンゴールが出荷されていますが、本来の美味しさを守るためには、十分に完熟してから収穫することが大切です。

季候に恵まれた瀬戸内で、立派に育ったデコタンゴールをどうぞお召し上がり下さい。

大沢 哲雄さん

生産者グループ デコタンゴール

デコタンゴール栽培の基本は土作りです。
デコの樹は根がハリにくいため、なにより土作りが重要。私の園地では、約40年、有機肥料を主体に土作りを行ってきました。除草剤を使わず、ミミズなど自然の力を活かして土を改良し、デコの喜ぶフカフカの土質に育てています。

のま果樹園 生産者グループ(白桃)

白桃のご購入ページはこちら

平岡さんご夫妻・渡辺さんご夫妻(山梨県笛吹市一宮地区)

生産者グループ 白桃

山梨県笛吹市一宮町は、南側に面した緩やかな傾斜地で、昼と夜の寒暖の差が大きいことから、おいしい桃が獲れる産地として有名です。

特に土づくりにこだわりを持ち、大量の茶ガラにEMぼかしを入れ、1年間かき混ぜながら発酵させた有機堆肥を使用し育てています。丹精こめて育てた桃は、香り高く、みずみずしく濃厚な味わいです。

一年中手間ひまを惜しまず育てていますが、収穫、出荷の時が一番の楽しみです。朝早く起き、その日出荷する分だけの桃を夫婦で収穫。午後から箱詰め、夕方にはトラックで全国へ発送します。まるで我が子を送りだすような気持ちで、朝採り新鮮な桃をお届けします。