レモン果汁

レモン果汁レモン果汁

国産レモン100%のレモン果汁!

 のま果樹園の伯方のストレートレモン果汁は、しまなみ海道の伯方島で搾った国産レモンが100%!生のレモンの風味がそのまま生きているレモン果汁には、ビタミンCと栄養がたっぷり詰まっています。

 ビタミンC=レモンで知られていますが、レモンに限らず柑橘には多く含まれる酸味成分クエン酸にも注目です!

 普段に私達が摂取した食べ物は、体内でブドウ糖に変わりますが、ブドウ糖は酵素とビタミン(主にビタミンB群)、酢によって燃焼され、エネルギーとして消費されます。この燃焼過程において、作用する酢は、クエン酸を始めとした8種類に変化して、またクエン酸に戻るというサイクルを繰り返します。これがエネルギー作り、老廃物を体内に残さないための重要な仕組みであるクエン酸サイクルです。

 クエン酸は疲労の元になる乳酸を分解し、代謝をスムーズにする働きがあるので、疲れたときには、生レモンと同様にお使いいただける伯方のストレートレモン果汁がオススメです。

画像

船に乗ったレモン

画像

 レモンの原産地はインドのヒマラヤ西部です。そこから12世紀頃にヨーロッパに渡り、地中海で栽培されるようになりました。

 大航海時代、物を運搬するための長い航海中は新鮮な野菜や果物が食べらず、ビタミンC不足から壊血病になる船乗りが多くでたそうです。その為、貴重なビタミンC補給にと、レモンを積荷に乗せていたのが世界各地に広まったというわけです。

 日本に渡来したのは、明治初期ですが、主に栽培地域は広島・和歌山・四国・九州と限られています。