天草

天草天草
取り扱いカレンダー柑橘データ

※のま果樹園の独自基準によります。

基本情報

商品名 天草 商品名ヨミ アマクサ
別名 天草タンゴール、ピッコラプリマベーラ 別名ヨミ アマクサタンゴール、ピッコラプリマベーラ
品種名 天草 Amakusa(あまくさ) 系統名 カンキツ口之津16号
命名登録年月日 1993年7月1日 命名登録番号 タンゴール農林5号
品種登録年月日 1995年8月17日 品種登録番号 第4596号
交雑年 1982年 育成機関名 果樹試験場

食品成分(100gあたり)/天草

エネルギー 57kcal 炭水化物 13.1g
水分 85.7g 灰分 0.3g
たんぱく質 0.8g ナトリウム 1mg
脂質 0.1g

(出典:のま果樹園/株式会社環境研究センターにて計量)

エピソード(生い立ち・歴史)

清見×みかん×ページオレンジ

 「天草(あまくさ)」は、「清見タンゴール」と「興津早生みかん」を掛け合わせた品種に「ページオレンジ」を交配して誕生しました。

 育成地(長崎・口之津)から臨む熊本・天草島にちなみ「天草」と名付けられました。

 果汁たっぷりのオレンジの血を受け継ぎながらも、酸味が少なく、甘さが強いのが特徴です。

 まだあまり出回っていないため、食べた事の無い人も多いかも? 甘くてジューシーな果肉を、是非一度味わってみてください。

系統図 全体系統図

天草のここがオススメ!

画像

香りと甘みがぎっしり!

たっぷりの果汁がジュワーっ♪
 「天草(あまくさ)」を口に入れると、まずビックリするのが、そのたっぷりの果汁!甘くて柔らかい果肉がお口の中でトロけます♪酸味が少なく、飽きの来ない甘さは病みつきになります。

天草ってどんな柑橘?

柔らかい果肉でとろけるような食感が魅力

 果実は200g位で玉揃いは良。果形は扁球形。果皮は薄く、赤橙色で滑らかで美しい。香りも良い。肉質は柔軟多汁で、じょうのう膜が薄く、苦味はありません。
 適熟期は12月下旬~1月上旬で、食味は良好。単為結果性が強く、通常は無核性です。

 陽光面(果実表面の日光の当たる部分)が褪色しやすいので、対策をとる必要があります。後期落果、果梗部の亀裂がみられるため採収時期には注意。現在、施設栽培での取り組みが増えつつあります。

 清見の減酸が遅く3月まで樹上に果実を残せる暖地でないと露地栽培は困難です。
 また、「皮がむきにくくナイフでカットして食べる必要がある」という特徴を改善するべく品種改良された柑橘であるため、減酸が早く、早期に食味良好で、剥皮性があり、外観がより優れたタンゴールタイプの生食用柑橘となっています。

画像

天草の召し上がり方

櫛形にカットして召し上がれ♪

 外皮は薄く、しかも果汁が多いため、手で剥くのはちょっと難しいかも知れません。

 オレンジのように、櫛形にカットしてジューシーな果肉をお召し上がり頂くのがオススメです。

 中の袋(じょうのう)も薄く、種も少ないため、とっても食べやすい柑橘です。

召し上がり方

画像
スマイルカットの作り方