せとか


せとか せとか

取り扱いカレンダー 柑橘データ
※のま果樹園の独自基準によります。
基本情報
商品名 せとか ヨミ セトカ
別名   ヨミ  
品種名 せとか 系統名 セトカ
命名登録年月日 1998年8月21日 命名登録番号 タンゴール農林8号
品種登録年月日 2001年10月18日 品種登録番号 2001年10月18日
交雑年 1984年 育成機関名 果樹試験場・カンキツ部(口之津)
食品成分(100gあたり)/せとか
エネルギー 56kcal 炭水化物 12.9g
水分 85.8g 灰分 0.3g
たんぱく質 1.0g ナトリウム 1mg
脂質 0.1g    

(出典:のま果樹園/株式会社環境研究センターにて計量)

エピソード(生い立ち・歴史)
平成生まれの新品種

 「清見」「アンコール」を掛け合わせたものに、更に「マーコット」を掛けて育成され、2001年(平成10年)に品種登録されました。

 「清見」は「宮川早生」と「トロビタオレンジ」を掛け合わせたもの、「アンコール」は「キング」と「地中海マンダリン」を掛け合わせたもの、「マーコット」は起源は明らかではありませんが、アメリカで育成されたみかん類とオレンジ類の交雑種です。せとかは、それぞれの品種の長所を生かした、究極の柑橘といえます。(系統図参照

  品種名「せとか」は育成地(長崎県口之津町)から望む地名(早崎瀬戸)、瀬戸内地方での栽培が期待されること及びこの品種のもつ良香にちなみ名付けられました。

系統図 全体系統図
画像
せとかのここがオススメ!
濃厚な甘みが詰まった「柑橘の大トロ」

 せとかは、香りや食味の良い柑橘を掛け合わせ、いいとこどりで生まれた新品種。
 トロリとろける食感、濃厚でジューシーな味わい、みずみずしいオレンジの香りと、文句なしの美味しさ!まさに柑橘の大トロと呼ぶにふさわしい逸品です。

せとかってどんな柑橘?
まだまだ生産量・流通量が少ない希少品種

 果実は250g程度でマンダリンタイプとしては比較的大玉です、糖度が高く食味良好の柑橘です。

 果皮は橙色から濃橙色、果面はなめらかで美しく、外皮も薄く浮き皮もなく締まっています。

 せとかの熟期は2月。施設栽培されている晩生カンキツ「アンコール」、「マーコット」に比べ早熟で、無核であるためこれら2品種に替わる品種として期待されています。

画像
画像
スマイルカットの作り方
せとかの召し上がり方
じょうのうも薄いので剥いてそのまま食べれます!

 外の皮が柔らかいので手で簡単に皮がむけ、内皮ごと食べられます。
 皮が薄くてむきにくい場合は、ナイフで八つ切り(スマイルカット)にして食べるとよいでしょう。
召し上がり方

  • 甘さと柔らかさにびっくりでした。食べるまでは高い買い物しちゃったかなぁ〜?!と思っていましたが、いやいやそんなことはありませんでした。美味しかったです。もう少し手軽に食べられるようになると良いな。がんばって広めてください。
  • 『せとか』美味しいです。8ヶ月になる姪は他の柑橘類は食べませんが、これだけは好んで食べます。実家にいる祖母のお茶のみ友達にも好評で、頼まれて先ほどまた注文しました。
    これで6箱目です(^o^)まだまだ私の知らない美味しい果物がたくさんありそうです。これからも良いものをたくさん紹介して下さいね。
  • 美味しかったです。甘くて、果汁もたっぷりで、家族皆で喜んで頂きました。私は普通のみかんの時、いつも中の袋は食べないけれど、これだったら大丈夫でした。丸ごと食べれて、今までこんなに美味しいみかん食べたことがない、感動の美味しさです。