清見きよみタンゴール

清見タンゴール
清見タンゴール
取り扱いカレンダー
柑橘データ
柑橘データ
柑橘データ

※のま果樹園の独自基準によります。

基本情報

商品名 清見タンゴール
商品名ヨミ キヨミタンゴール
別名 清見オレンジ、清見みかん、清見
別名ヨミ キヨミオレンジ、キヨミミカン、キヨミ
品種名 清見 Kiyomi(きよみ)
系統名 カンキツ興津21号
命名登録年月日 1979年6月29日
命名登録番号 タンゴール農林1号
品種登録年月日
品種登録番号  
交雑年 1949年
育成機関名 (独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所
 

食品成分(100gあたり)/清見タンゴール

エネルギー 45kcal 炭水化物 10.2g
水分 88.7g 灰分 0.2g
たんぱく質 0.8g ナトリウム 1mg
脂質 0.1g    
 

エピソード(生い立ち・歴史)

国産初のタンゴール品種

 清見タンゴールは、ボリュームあるアメリカのオレンジと、とっても甘い日本の温州みかんを交配して作った国産初のタンゴール品種です。

 その名は、Tangerine(みかん)と、Orange(オレンジ)のかけあわせを意味する、Tangora(タンゴール)に、生まれ故郷、果樹試験場興津支場の近くにある、「清見潟」からとった「清見」を冠して付けられました。

清見タンゴールのここがオススメ!

美味しさの秘密は「越冬収穫」

画像

 「清見」は、一個づつ袋がけし三月まで樹上で越冬して、十分に色づいたところで収穫します。

 ナイフで切れば、きめ細やかな繊維と、果汁いっぱいではち切れそうな房がいっぱいに詰まっています。

 芳香があり、果汁たっぷりでトロリとろけるまろやかな甘さは、両親の長所を兼ね備えています。

清見タンゴールってどんな柑橘?

新品種の多くは「清見」から生まれてます

 現在出てきている多くの新品種の親となっている、とても優秀な品種です。
例えば、「せとか」「清見」「アンコール」を掛け合わせたものに更に「マーコット」を掛けて育成され、2001年に品種登録されました。

 「清見」は「宮川早生」と「トロビタオレンジ」を掛け合わせたもの、「アンコール」は「キング」と「地中海マンダリン」を掛け合わせたもの、「マーコット」は起源は明らかでないが、アメリカで育成されたみかん類とオレンジ類の交雑種です。

 その他、はれひめ西之香・朱見・はるみ・あまか・陽香・天草・津之香・清峰・不知火・春峰・たまみ・せとみ等、「清見」を親とする品種は多くあります。(系統図参照

画像

清見タンゴールの召し上がり方

スマイルカットがおすすめ!

画像

画像

 ナイフで八つ切り(スマイルカット)にして食べるのがおすすめです。
または、横半分に切りスプーン等で食べるとよいでしょう。

召し上がり方

スマイルカットの作り方

召し上がり方

今すぐご購入されたい方はのま果樹園オンラインショップへ